隗より始めよ

今後はいろいろ考え始めます。

Slackに先物の手口を投げるプログラムを作った

f:id:mazarimono:20180808220232j:plain

昨日、先物の手口を1年分取ったことを記事にしました。

www.mazarimono.net

作りながら思ったのが、それよりも日々の手口の方が知りたいなぁってことでした。

というわけで昨日記事を書いた後、作り始めました。

botとしてリプライしたりするのを作るのはライブラリを入れたりしないとだめですが、データをスラックに表示するくらいだと超簡単で、
requestsでpostするだけでいけます。

やり方をまとめておきます。

Slack投稿ボットのつくり方

まずはスラックのアプリをダウンロードして、スラックのページっていうのかを作りましょう。

そして、その他の管理項目から出てくる真ん中のメニュー、App 管理をクリックします。


f:id:mazarimono:20181005145108p:plain


するとウェブサイトが開きますので、検索窓にincomingと入力します。出てきた着信Webフックを押します。


f:id:mazarimono:20181005145405p:plain
次の画面に移ったところで、緑色のボタン「設定」を追加を押します。


f:id:mazarimono:20181005145625p:plain
次の画面で、チャンネルを作る、もしくは既存のチャンネルを選んで、下のボタンを押しましょう。
f:id:mazarimono:20181005150200p:plain


するとWebhook URLというのが出てきます。これを投稿に使うので、一先ずメモ帳にでも貼っておきましょう(下の写真では消してますが、表示されます)!


f:id:mazarimono:20181005150450p:plain
Slackの設定はこれで終了です。

Pythonのプログラム部分

次にプログラム部分ですが、これも特に難しくありません。投げたいデータを作って、Webhook URLにデータを飛ばすだけです。

プログラムは以下のような感じです。

import requests
import json

payload = {
                   'text' : 'HEllo Slack',
                    'icon_emoji': ':python:'
                  }
data = json.dumps(payload)
address = 'https://hooks.slack.com/oiroanfofoifogagoringoarnoraiggpraprjgripa'
 
requests. post(address, data)

これを実行すると指定したチャンネルに"HEllo Slack"と表示されます。

自分が作ったデータを入れたい場合、'HEllo Slack'の部分に入れます。注意としては前回も述べていましたが、文字列の形にしないといけないということです。データフレーム投げたいわーとか思いましたが、出来ません。

www.mazarimono.net

こうして、17時30分頃に前日の夜間と当日の日中の先物の大口の手口がSlackで見られるようになりました。これは地味に便利そう。ツイッターにも投稿しようかな。

f:id:mazarimono:20181005195332p:plain

大暴落1929 (日経BPクラシックス)

大暴落1929 (日経BPクラシックス)