隗より始めよ

今後はいろいろ考え始めます。

疲れた体に銭湯を

今週のお題「リラックス」

f:id:mazarimono:20181102225733j:plain

これまでお酒を飲んでリフレッシュしていましたが、リフレッシュ方法をがなくなったために何か探さねばと思いました。

リフレッシュで重要なのはストレスを発散することです。ついでに子供と奥さんも喜ぶところだと、ご機嫌まで取れて一石二鳥です。

それプラスどの季節もできる、疲れをいやすという二つの条件を満たしてくれるとなおよしです。

その条件に合うものを考えていると、銭湯という言葉が思い浮かびました。銭湯、今では数少なくなったものの、案外郊外には大きなものができているということや、リートが人気だとかいろいろな話を聞きました。社会が高齢化している今、大規模浴場が増えているかもしれない。そして私も高齢化している!!!

というわけで、新たなリフレッシュ方法は銭湯にしました。子供と奥さんに銭湯に行こうといったところ、かなり好評でした。奥様の疲れをいやすという名のもと、奥さんとも離れ、身体をいやせる絶好の場所、それが銭湯です。

どうせなら大きなお風呂が良いと思い、郊外に出かけることにしました。今住んでいる京都は、大規模浴場がどこにあるのか分からなかったので、滋賀県に行ってみることにしました。京都から滋賀県は30~40分です。

そして第一弾としてはイオンモールに行くついでに、その横にある銭湯に行ってみました。

草津湯本 水春

ここは草津と書かれていますが、温泉で有名な草津ではありません。滋賀県草津のことです。小さいときは滋賀県に住んでいたのですが、テレビで草津の温泉の話をやっていたので、草津に温泉ないけどなとか思ったものです。昔は草津はかなり田舎だったなー。そして、草津とうたわれていますが、地名的には瀬田だと思いますw

suisyun.jp ここは近江大橋を渡るとすぐあります。イオンモールの中に温泉があるということで、子供も奥様も喜ぶこと間違いなしです。買い物してご飯を食べて銭湯に入って帰るという、なんとも素晴らしい体験が得られます。イオン恐るべしやなーと改めて痛感させられました。

イオンの横にある銭湯ってどんなものかと思いますが、とりあえず結構広いです。露天風呂もありましたが、そこも広く気持ちが良い。

いま、ウェブで確認したところお風呂の種類は13種類あるようです。多いのか少ないのか、銭湯素人の私にはわかりませんが、なかなか良いものでした。時間がすぐに経つことだけ惜しいけど、気持ち良いしこの上ない趣味やなーと思いました。

驚いたのは会計方法で、昔は番台におばちゃんがいてお金払ってという感じだったけど、個々の会計は靴のカギでチェックインして帰る時に清算する方式でした。しかもカードでも決済できるし、世の中変わったなぁと思わされました。

ここは入浴料が大人900円(平日は800円)となっています。岩盤浴はそれプラス930円(820円)らしいんですが、高くて入れませんでした。   

あがりゃんせ(雄琴

エロい町雄琴にお風呂がたくさんある施設「あがりゃんせ」があるということは知っていましたが、一度も足を運んだことがありませんでした。

天下一品の社長さんが作ったということだけ知っていましたが、それ以外の知識はありませんでしたが、一度行ってみることにしました。

www.agaryanse.co.jp

ここの入浴料は大人1,900円(平日1,700円)と草津と比べて倍以上のお値段となっています。その分、凄いお風呂が広いのかと思ったら、そうでもなく、草津と同じくらいでした。男子風呂ではお風呂から琵琶湖が見えるのですが、前が船置き場みたいな感じの入り江で、釣りしてるおっさんが見えたりと、面白かったです。ちなみに女子のお風呂からは外は見えないようになっていたそうです。

子供の料金も4歳以上からかかり、1,230円もしました。しかし、リクライニングの椅子が大量にあって、グタグタできるってのが良いところかなー。それにプラスして漫画が大量に置いてあること、wifiが使えるなどめちゃポイントが高いと思いました。

あがりゃんせは10時からオープンなので、オープン時間に合わせていってみたのですが、やはり一日を過ごそうとする人たちが多いのか、かなりの行列になっており、やばい、凄い、銭湯やばい。という感じになりましたが、帰る時になると、ウームやはり一日ここで過ごしたいもんだと思わされました。とかいいながら16時までいたので、ほぼ一日いたのですが、一回では満足できないなーという感じでした。

家族向け情報

あがりゃんせは4歳以下の子供は無料なのですが、3歳以下は普通のお風呂には入れないようです。ということで、3歳以下の子供連れはファミリー用があります。ちょっと行ってみてみたけど、かわいらしいお風呂(大人用と比べれば)がありました。小さい子は十分楽しめそうです。親御さんは子供を入れる係と、一人で大人用にはいる係を分ければ、心も体も休まりそうですが、父さん嫌々っ子の場合、お母さんが家よりも疲れるというパターンも起こり得ます。そうするとせっかく家族サービスに行ったのに、奥様のご機嫌が一段と悪くなったというケースも起こりえますので、小さな子供がいる場合、子供がどういう風に扱われるのかというのを調べておいた方が良いでしょう。

というわけでちょっと温泉巡りを始めようかと思います。ブログも温泉卓球ブログとかに徐々に路線が変更されていく可能性が高い!