隗より始めよ

今後はいろいろ考え始めます。

「シチズンフォー スノーデンの暴露」を見た

株もなんだかなーって感じなので、決算もそっちのけで映画を見ました。タイトルは「シチズンフォー スノーデンの暴露」です。

この映画では、NSAアメリカ国家安全局)で働いていたエドワードスノーデンさんが、米国が世界中の電子データを監視しているということを、香港のホテルで暴露する様子が写されています。スノーデン氏はその機密データを記者に渡し公開してもらいます。

何よりも驚きなのはその画像が実際のものであるということでしょう。つまりドキュメンタリーなのです。映されるのは、ホテルの中だけです。その後、スノーデン氏はロシアに行き、今はロシアで生活してます。

この映画ではスノーデン氏がなぜこのような暴露を行ったかということが述べられています。その理由を述べている彼は実に聡明でよどみなくそれを話すので、見ていて感動を覚えるくらいなので、ぜひその辺りは映画をご覧ください。

国家の情報収集に関して

わたしとしてはデータを集めて安全が高まるのであればそれはどんどんやってほしいと思っています。グーグルが情報を全部吸い上げていても別段問題なく、それで便利になるのであればそれに越したことはないです。僕のデータなんて、家、居酒屋、食べ放題の店、ヨドバシカメラに行くくらいしかないし、どうってことはありません。

しかし、国家がその情報収集を行きすぎたりって場合にはどうでしょう?それは嫌ですね。

実際、現在、世の中は平和で不穏な空気がないので、今みたいにオッケーオッケーといってられますが、いきなり戦時中のようになったらどうでしょう?

その監視や抑制を感じる時ってのはそんなときで、知らない間に逃げ場がなくなっていたという感じなのでしょう。

だから平時にその監視体制を作っておくってのは非常に重要です。

ツイッターなんかも見ていても分かりますが、人々は簡単に流されるし、そうなった際に「いやいや、そのような考え方は間違っているから」といっても、全体主義的な動きに流されてしまうのは目に見えています。

そんな時にも、何かをいう自由を確保しておくのは重要です。

同盟国日本?

アメリカと日本は同盟国ですというのが日本では通説ですが、米国の情報を共有するパートナーシップでも、それは違うやっぱポチやってことが示されています。下はNHKのウェブサイトにあった画像です。これで示されているのは、米国が情報を共有する協力国ですが、日本はサードパーティーに入っています。 下のNHKのリンク記事ではセカンドパーティーニュージーランドが、捕鯨に関して米国から提供されたデータを使ってという形が示されています。

f:id:mazarimono:20181113080918p:plain

www.nhk.or.jp

しかし、得られた情報をアメリカと同じ反捕鯨国であるファイブ・アイズの国々で共有していたことが明らかになりました。

“機密資料を指差し、うなずきあっていたのは、うまくいっている印だった。ニュージーランドやオーストラリアの代表者も機密資料を読んだ。声を出さずに読んでもらった。読み終わるとシュレッダーにかけた。”

このときニュージーランド代表の1人として参加していた、ジェフェリー・パルマ元首相です。 このIWC総会の間に、アメリカが諜報で得た内容を伝えられていたことを認めました。

ニュージーランド ジェフェリー・パルマ元首相 「諜報関連事項については話すことができません。それは許されていない。しかし言えるとすれば、あらゆる分野において諜報は非常に重要です。」

「NSAはあなたの助けになりましたか?」 ニュージーランド ジェフェリー・パルマ元首相 「諜報で得た情報が『とても役立った』ということは言えるでしょう。」

でどうするよ

どうするよってことになりますが、もはやアメリカ製品しか身の回りにはありません。スマホのOSはアンドロイドかIOSしか選択肢がないし、ネットショッピングも楽天は使いにくいのでamazonからは変われないことも今年分かりました。

利便性とその悪影響というのを考えてそれに対する解法を探すということが必要なのかもしれません。ニュースメディアへの課金もその一つで、不都合な真実を映し出すメディアを見つけ、その持続の支援をするなんてことも重要でしょう。

昨今はキュレーションメディアがもてはやされていますが、facebookでもわかったように自分が気持ちよくなる偽の情報を見せられていたなんてことになりかねませんので。かといって不都合な真実を映し出すメディアがどれかってのもわからないわけで難しいですが。

一先ず直近に出た本を買って読んでみます。

そのほか読んだ記事

gendai.ismedia.jp

gendai.ismedia.jp

techcrunch.com

wired.jp

jp.techcrunch.com