Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

泉佐野市アイデアソンとIOSTハッカソンに参加した!

f:id:mazarimono:20190415092828j:plain
Photo by jimmy teoh from Pexels

土曜日、日曜日とブロックチェーンのアイデアソンとハッカソンに行ってきました。

一つは泉佐野市さんの主催のこれです。こちらの方は、一日でできることをチームで考えようというものでした。参加者も多く、会場はホテル!

singularityhive.connpass.com

もう一つは、以前からお世話になっているIOSTさんのハッカソン
ハッカソンながら、私は何も作らずにアイデアを語るという暴挙に。しかも、これはめっちゃよいと思ったアイデアを3,4日前にプレゼンにし、その後見ずに本番という暴挙。英語で資料を作っていたので、読みながら見たいにできなかったので、うまく話せなかったです・・・。残念。

会場は、こちらもお世話になっている大阪のブロックチェーンコワーキングスペース「SingularityHive」さんでした。関西にブロックチェーンで集まれる場所があるって良いです。どんどん盛り上がってきてますね!

meetiost.connpass.com

singularity-hive.com

反省点

  • もっとわかりやすく、イメージができるプレゼンを!
  • プレゼンはちゃんと練習しよう!
  • ハッカソンはちゃんと作ろう!そのためにフロントの技術を!

プレゼンみたいなことをたくさんやっているので、練習は良いだろうと思ったりしたのですが、やはり練習はまだまだ必要です。

たくさんのイベントがあるからこそ、練習して覚えておかないとこんがらがって、なんだっけなぁ見たいになるのかも。

あと、今は画面をじか映しにしてやっているのですが、マルチ画面にして、次に何が出てくるか分かっている状態にしてプレゼンをやったほうがよいというのは、一つのハックかもしれません。

あと、ハッカソンはちょっとでも作ったものを見せた方がイメージがわくということで、しっかり作れるようになっておこうと思います。

僕は「フロントエンド全くできない」派なんですが、その辺を上手くこなすだけでも全然印象が違ってきます。

というわけで、JSの勉強を継続していきます。

良かった点

ブロックチェーンをどのように使うかという脳が初めて動き出したのは良いことだと思います。

色々と事例なんかを眺めてきたりしましたが、現実の問題にどのように落とし込むかなんてことを考えられたのは、これまでにない経験で良かったと思います。

単純な事例ばっかやなーと思っていましたが、現実的に使おうとすると、単純なことくらいにしか使えないなーというのも、分かってきました。

特にデータを入力する部分であるオラクル問題は解決が難しいというのは前から分かっていましたが、その辺も再確認できました。

まぁその辺りをきっかけにIOTにかじを切ろうかというところだったので、データをどうとるかみたいな話が色々な人とできたのは良かったです。

最初にやるなら元のアイデアを効果得た方が良いなというアイデアもできたので、得たものは大きく、今後はそれの実装に取り組みたいと考えています。

まとめ

イデアソン、ハッカソンは、ともに、参加は初めてだったのですが、良い経験ができたなぁというのが感想です。

また色々とつながりが作れたので、どんどんとそれを広げつつ、フロントをきれいに作る技術を学びながら、まずは今回作ったアイデアのアプリを実装したいと思います。

楽しかったので、また参加したいですね~。

道中は昔買ったこの本を読みながら行きました。もうちょっとで読み終わるのでまた感想を書こう!

儲かる物理 ~人生を変える究極の思考力~

儲かる物理 ~人生を変える究極の思考力~