Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

高級スニーカーをよく見かける謎

世はスニーカーブームです。私もサラリーマンを辞めてから革靴もやめ、以来、スニーカーを愛用しています。

たまに革靴を履く機会があると、底が固く、よくこんなもん履いて歩けるなぁと思わされます。

ハイブランドもスニーカーを出しています。ハイブランドは流行ったものは出して、儲けます。でもデザインが良くてかっこよいので、買いたくなるのはわかります。しかし、予想以上にそれを見かけるため、その謎に迫ってみました。

バレンシアガのスニーカー

ハイブランドと呼ばれるところも、はやりの商品は出します。

もしかしたら、ハイブランドがスニーカーを出したことがブームを起こしたのかもしれません。

流行っているスニーカーに、バレンシアガの靴があります。

ナイキとかのスニーカーって、よほど良いものでも4万円くらいです。しかしバレンシアガのスニーカーは・・・

10万円オーバーです!!


しかしそんな高い靴をよく見るわけで・・

しかし、町中を歩いていると、バレンシアガのスニーカーをよく見かけます。

こんな値段なのに、予想以上の頻度で見かけました。中国人の観光客が履いているのは、まぁお金持ちだからなぁと思えますが、日本人の若い子も結構履いているのですよね・・・

若い子たちは、就職なんかも引く手あまたらしいですから、めちゃくちゃ儲かってるから、買えるんだろうなと思っていましたが、最近若い人によく会うので、話を聞いていると、そうでもないらしい。

そうして、たまたまアマゾンを見てみると・・・

な、なんと・・Amazon's choiceに10分の1以下の価格のスニーカーが!!!

しかも検索すると、かなりの数の安くなったものが見つかります。そうして、商品の質問を見ると・・・

サイドのロゴはアマゾンの写真では違うものになっていますが、実際送ってくると本物と似たようなものになっているそうです!!!

いやー、凄いわ。靴も偽物が作られているとは。衝撃。街で見かけるバレンシアガのどの程度のが本物なのでしょうか・・・わかりません。

まとめ

10分の1でバレンシアガっぽいのが買えることがわかりました。

なお今回は楽天のリンクをはっていますが、あくまで事例です。

以前おすすめしたジャイアント・ビーストというアマゾンプライムで見られる経済番組でも、第5話で偽物を取り扱っており、面白いです!