Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

禁酒日記 281日目

f:id:mazarimono:20190626102322p:plain

ウィキペディアによると、281は60番目の素数だそうです。毎朝スラックに禁酒開始からの日数のカウントダウンが送られてくるのですが、いつもこれは素数かな?なんて考えてしまいます。私はバカなので、奇数が来ると大体総数っぽいななんて思うんですが、ちょっと考えると割り切れたりします。で、考えて分からないと大体ググってみるのですが、たまにこれは割れるんだなぁと驚きがあったりして新鮮です。というか、色んな数字に色んな意味(というかなんというか理屈?)があるのですね。面白い。

そんなことを考えられるようになったのも禁酒をはじめたからであって、何かを失っても何かを得られるという好例なのかもしれません。そう、そして二日酔いがなくなった今、ほとんどの時間は生産的に過ごされるようになりました。年の目標、3ヵ月の目標、1か月の目標、週ごとのPDCAみたいな、なんかやりすぎやろくらいのタスク管理と目標設定で色々とやってみています。やっているということとそれがうまく行っているかという話はまた別の話ですが、とにかくそんな感じでやってみているというのは、二日酔いでグダグダしていたころに比べれば格段の進歩だと思われます。

この後重要になってくるのは目標設定であって、その辺りを上手くやっていかないといけないなと思っています。色々と学ぶ必要があることが多いのですが、学んでばかりだとやはり身になりません。インプットとアウトプットなんて言われますが、両方そろって一つの塊であるというのは重要で実行しなければいけないことでしょう。今年もそろそろ前半が終わるということで、ここからギアをあげて突き進まないといけません。

今年の後半は主に会社のことをやっていきたいと思っています。今のところ何もやっていないようなものな会社ですが、それを動かします。そのために必要なことはというとあまり明確にわかっているわけではありませんが、とりあえず短期的な目標設定は行われているので、それを目指して頑張ろう。

あとそのほかいろいろと案件も来たりするのですが、自分一人になってもそれをやるかという物差しをもって、やるかやらないかを決めたいと思います。

色んな場でやろうやろうという話になって、進めていくと全然ほかの人はやってくれなかったみたいなケースって世の中では多いと思います。というかほとんどだと思います。そういうのをどう考えるかってのは置いといて、そういう場合でも自分一人で進めていこうというものでない限り、やろうというわないことが最近重要だなと思っています。そうして一人ででも進めていると関わってくる人が来てくれる。そんな作り方が良いなぁってのが最近の実感です。

会社でも何でも大体そんな感じですよね。新しいことを始めるのにやろうやろうといっても大体やってくれないです。でもそれをやるってのは実際、色々なことがあって面白い。なので一人でもやるってのは非常に良い経験ですが、結構パワーが必要なので、そういう風になっても良いと思っているときだけやろうやろうというのに乗っていくのがベストですね。そしてうまく行くと最高ですが、失敗するときもあると思います。そういう時に備えて、資金、時間の将来的なフローを考えて撤退を計画しておく、というのがベストプラクティスかなぁなんて気がします。

人間生きているとそういうフローのバランスを考えて先行投資するか引くかの決断を常にやっているのだと思います。ちょっと前までの自分はそういうことを考えずに、行き当たりばったりだったけど色々と経験をすることにより、そういうことがよく分かってきたというのは非常に良い学びです。私はどちらかというと新しいことをやりたいけどこれまでやってこなかったタイプなので、今後は新しいことをどれだけできるかというところに、重点を置き、それをどのように価値を生み出していくかみたいなことも同時に考えていきたいかなと思っています。

そのようなことを気付かせてくれる人が周りにたくさんいることも、私にとってラッキーなことです。私は小さい頃から良い人に巡り合うことと運だけは良いってところがあって、なんかその辺恵まれているなぁと思います。そして最近、貨幣ではない新しい価値の追求みたいなことを教えてもらったりしたのですが、その辺と今やっていることを結び付けられたら凄いことが起こるのではないかなぁと模索しています。

というわけで、1年も半分が終わろうとしているので長々と色々と書きましたが、今年の後半はそれらにギアをあげて取り組んでいこうと考えています。