Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

ラッキー

ある時話していると、僕はなんかすごい人と知り合ってなんかやってラッキーですね。みたいな話になりました。

なんというか、僕の人生を振り返るとラッキーにあふれています。その理由を振り返ってもよくわかりません。

ですが、凄い人と知り合って好かれるために頑張っている感じかというと、決してそういうわけでもなくどっちかというと要らんことばっかりして、迷惑をかけることも多々あります。

多分めっちゃ嫌われることもあるけど、そういうことは忘れてしまっているのでしょうね。昔からアルツ気味なので。

そういや、前いた会社はなんか嫌われるタイプの会社でしたなーw。どうして長くいたんだろって感じですが、何をするのもめんどくさかったんでしょうねwww(遠い目。

というわけでラッキーが多いけど、考えてみるとハズレもあって人生そんな良いようにはできていないようですw

でもまぁ辞めたあとはなんやかんやでまた色々凄い方と知り合って、貴重なお話が聞けたりなんやとしていて、ラッキーやなぁと思っています。

多分コツは、アンラッキーっぽい排他的な人に近寄らないってことかもしれませんね。まぁ排他的な人とお繋がりになるってことはあまりないわけですが、そういうところに入ってしまうと、オープンなラッキー野郎の良いところが殺されてしまうのかもしれません。

というわけで、今後もラッキーだけで生きていこうと思っておりますので、実力のある方々、ひとつよろしくおねがいします。