Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

Pyconjp Day1 スプリント

さて、今年は色々あってスプリントからの参加となりました。私自体スプリントは初参加でしたが、いきなりリーダーとしての参加でした。でも参加はないだろうとのことから、知ってる人といろいろと話すくらいだなぁと、高をくくり何も準備してませんでした。

さてその結末は・・・

会場は渋谷のHENNGEさん

HENNGEさんのオフィスはおしゃれでした。毎日快適に働けること間違いなしです。東京の通勤地獄も苦にならないでしょう。

HENNGEさんではデータ分析する人を募集されているそうです。これはチャンス。

またドリンク、ランチ、夕飯の提供までいただきました。夕飯は蛇の形に食事が並べられました。おしゃれでした。しかし、写真はない。うーん。あれだけにぎわったのに、スプリントの写真もない。

参加費無料なのに、HENNGEさん×PyconjpのTシャツがもらえました。それを今着ています。余っていたので、もう1着もらってきたらよかった。。。HENNGEさんのステッカーももらってくるの忘れた....

Dashアプリケーションを作ろうスプリント

さて、Dashで発表するのと今後の予定もあり、Dashアプリケーションを作成するスプリントを開くことになりました。

でもdrillerさんとまぁあまり来ないでしょうね~、知ってる人位でしょという感じで話してて、ほんとに何も準備していない状態で行ったら、すごい多くの方にご参加いただける結果に。

うれしい悲鳴とはこのことかということで、午前中はほんとグダグダな感じだったと思います。午後からは、ランチブレイクでどのようにお伝えすべきかを考え、少し計画的にできたのでましになったかと思います。いつも通り自画自賛ですがw

完全に混乱してしまっていたので、全然至らぬものでしたが、皆さん凄腕プログラマーがそろわれていたのでかなりの勢いでアプリケーションを作成されていました。いやー、みんな凄腕やなぁと思ってみていました。

スプリント成果でも二人の方に発表いただけました。ありがとうございました。また皆様連絡いただけると幸いです。

疲労

3週間寝込んでいたおじさんが、久々に集中力を使って短時間でどのように教えればうまく伝わるのか考え、実行した結果、凄く疲労しました。結果、夕飯の立食型の交流会は立っていられず奥の方で座って、疲労回復という感じであまり交流できませんでした。残念。これはまた月曜のイベントで交流したいなと思います。

そして、あまりにも焦りすぎて、皆さんにステッカーを渡すのを忘れていたのは、大失敗でした。これも明日以降、頑張って配りたいです。

www.mazarimono.net

まとめ

Pyconjpのスプリントは初参加でしたが、各場所でものすごくクオリティが高いことが行われていました。そして、有名な方々が普通にその辺で作業をされていました。 しかも無料。関西からも知ってる人が参加されてました 。しかもジェットソンのイベントに!! うらやましい。

ほんとは過労を押してでもお話ししに行くべきだったんでしょうけど、かなり無理やり上げたテンションと久々の集中のせいでその力は残っておらず、まぁまだイベントは続くからということで、いけませんでした。こういうのってこれまでを振り返ると裏目に出ることしかないよね~。

というわけで、今日はプレゼンの見直しを頑張って、明日のプレゼンに備えます。