Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

Pyconjp2019 Day3 カンファレンス1日目

Pyconjp2019: Day3はカンファレンス1日目。個人的にはプレゼンテーションのある日でした。

さてどうなった???

前日パーティーがあった

カンファレンス前日に運営の皆さん、スポンサーの皆さん、スピーカーが参加するパーティーがありました。そこで色々な方と話させていただいたのですが、皆さんカンファレンスが楽しみという感じでした。

私は、プレゼンがあるし緊張しすぎたらどうしようというのと、プレゼンの失敗があっては困るなぁということばかり考えていたのですが、このパーティーで参加を楽しむって基本路線を思い出しました。

当初はプレゼンのために当日も練習しまくって、ほかの人のプレゼンテーションは聞かずに本番に臨むつもりでしたが、カンファレンスにしっかり参加してプレゼンを行うことにしました。

パーティーがなかったら、そんな発想にならなかったと思います。参加してよかった。

カンファレンス1日目

キーノート

というわけで、カンファレンスはキーノートのコーリーさんのところから参加しました。

実は、コーリーさんも前日のパーティーに参加されていました。そこで話させていただいたのですが、友達があなたの本を読んでプログラマーになった凄い本ですね!!僕はまだ読んでいないのですがって話しました。

うれしいなぁ!まぁそのうち読んでよって感じで、コーリーさんは優しい人でした。京都から来たんだよーって言ったら、去年京都のバンブーフォレストに行ったよーって感じで話してくれました。いい人です。

トークの内容はPythonがなぜどんどん広がっているかという内容でした。個人的にはこのような話はノンプログラマーの人にも聞いてほしいものだなと思いました。女性のプログラマーを増やすという面でも、役立ちそうです。

個人的には最初に教える言語Javaはやめとけ。Pythonが良いというのは、そうだなぁと思いました。実は、前日のパーティーで台湾から来た人とも話していたのですが、そこでもそんな話になりました。台湾の大学ではJavaが使われるケースが最も多いそうです。それというのは教える人たちがそれになじんでいるからってのがあって、それって困るよなーという話をしていました。

やっぱ、プログラミングはCからみたいな話もございますが、個人的にはほとんどの人が何かを手軽に作るためにはLLを学んでとっとと作るってのが最も良いと考えています。なので、普通の人が最初に学ぶプログラミング言語は、難しいところから入るより、簡単なところから難しいところに流れるという方向を作ってもらえればと思います。

Pythonと便利ガジェット、サービス、ツールを使ってセンシング 見える化してみよう

Iotとそのデータの見えるかということで、私がここから進もうとしている世界の話でした。

どのような構成で作られているかなどが話されていました。私にとって最もよかったのは、ハードにそんなに詳しくないけど作れるぞ!ということを話されていたところでした。私は全くハードの知識がないのですが、そんな私でもそこに入っていけるぞと思わせていただける内容でした。

可視化部分はjsを使われているということでしたが、ぜひDashで!!

地域コミュニティー

その後ランチブレイクがありました。個人的には発表が控えているのでランチは抜いて発表をしようと思っていたので、ランチはスキップしてくまちゃんとねりんぷろさんとお話しさせていただいていました。

そのあとは地域コミュニティー会があったのでそちらの方に足を運びいろいろと意見交換を行いました。最後まで参加していたかったのですが、残念ながらトークの時間が迫ったため、移動しました。

ポスターで信玄pyがあって気になっていたのですが、たぶん来られてなかったのかな?今日ポスターに行って少しお話したいなと思います。ほかのところの方々とも交流したいですね。

Dashとオープンデータで日本経済をインタラクティブに可視化する

はい。私のプレゼンでした。とんでもない数の立ち見の人がおられて、やばい感じでしたが、プレゼンは一か所動かなかったところはあったものの、話すべきところは漏らさずに最後まで行けたので、まぁよかったなというところでしょうか。 スペシャルサンクスのドリラーさんと、運営の皆さんへの感謝、そして参加の皆さんへの感謝としてこちらからとった皆さんの姿を画面に映すということが最もやりたかったので、ここができただけで100点です。

体調を崩して、いまいちな中プレゼンを終わることができたのは今後に大いにプラスになると思います。超プラス思考人間なのでw

動かなくなった部分に関しては、ある程度想定していたところでした。いろいろなコンポーネントを動かすところで、Dash canvas機械学習のあれをやるとヘロクのキャパオーバーが起こることは事前にわかっていました。しかし一方で、機械学習をできるプランにすると私がいくら支払わなければいけないかわからなくなるので、一番安プランで最悪落ちるということを想定していました。やはりちょっと本番で起こると焦りましたが、ローカルで動かしてる分でしのげました。

プレゼンできていたのはENTHOUGHTさんのTシャツでした。それに自社ステッカーを貼っていました。当日白のシャツを着ていたのですが、登壇時に自社ステッカーを貼ってと思ったら、白と白で目立たなくなるなってのが分かりました。そう思って歩いていると前日のパーティーで話をしていたENTHOUGHTさんがかっこよいTシャツをくださったので、これで登壇していいですかとお聞きして、登壇しました。お断りしたのでたぶん怒られないはずですw

自分のプレゼンに関しては、当日話せなかった部分も入れた記事を今週中には作成したいと思います。

お菓子ブレイク

ありがたいことに、その場では質問は出なかったのですがその後直接質問、意見をくださる方が何人かおられました。それで30分くらい話していました。またDashで質問などございましたら是非。

お菓子ブレイクは、どら焼きが残っておらずショックを受けましたw

その後

その後はDash-Cytoscapeに関してはkomo-frさんに聞いてくださいと言っていたふるきさんのPandasのトークに入りたかったのですが、入れずでした。ちなみにDash Cytoscapeに関してはkomoさんに聞いてくださいというのは、ご本人に事前了承を得ていなかったのですが、その後パーティーに行ったときにこんなこと言ったんですよーとお伝えしたら全然オッケーとのことだったので、みなさん、Pandasのことのみならず、Dash Cytoscapeのこともお聞きください。

パーティー

パーティーはとんでもない人で、こりゃ交流どこでないですなって感じだったのですが、1階に下りたらプレゼンを聞いてくださっていた方が話しかけてくださって、その後データ分析あるあるを永遠と話したりと楽しめました。

ステッカーを渡すのを最後の最後に思い出しました。初日からお会いしてたNishiさんに、これまで全く出すことなかったのにwみたいに突っ込まれましたが、正しくその通りですw

さて、本日はPyconjp最終日ということで、交流がもっとできたらなぁーと思っています。ヨロです。