Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

10月おしまい

f:id:mazarimono:20191031195241j:plain

10月が終わります。

今月は何をしたか。Devcon5とPycon China Beijingに参加しました。

ともに母国語以外のカンファレンスでなかなかタフでしたが、違ったものが見えて良かったです。

国際的にいかなあかんなどとと口走りながら、今までなぜ国際的なカンファレンスに足を運んでなかったのか?と思わされたのがDevcon5でした。毎日通い、いろいろなセッションに参加しましたが、狭い部屋でのセッションが距離感も近くおもしろかったです。突然手を挙げて質問が始まり、そこから論戦が始まり盛り上がるみたいなことが多くあり、小さな部屋の楽しさを満喫しました。しかし、油断しているとみんなでワークショップみたいなので、英語でコミュニケーションをとる羽目になり、うーんなんていうんだっけと思わされることも多々ありました。でも面白かったです。

PyCon CHINA Beijingは中国、中でも北京のエンジニアの実力は世界でトップクラスという話を何度も聞いていました。そうして何の拍子にか忘れましたが、北京のPyConを見つけたのでエントリーしてみました。なんか普通にエントリーしても存在感ないよなぁということで、その時準備していたインタラクティブなデータビジュアライゼーションとDashというお題でこちらもエントリーしオッケーもらえたので、一応発表もしてきました。発表の受けは良かったのか悪かったのか?これもまたわかりませんでしたが、wechatにもいくつか質問をもらったのでまぁ良かったのかもしれないなぁと思います。別会場からも質問来たりしたのはなぜだったのか?よくわからないけど、まぁ中国は広くて面白い。

中国のPyconに関してはしっかりまとめないといけませんねぇといいながら何もしていないけど。まぁそのうちやりましょう。

あと12月8日日曜日に、PYTHON KANSAI#02を開催することが決定しました。

今回のスピーカーはなんと、柏野さんです!!!!

私は柏野さんのお話が聞きたい!!!とイベントの最初っから言っていたので、もう楽しみで仕方がありません。

もうお一方は、服部さんです!!!autopep8ではなく、djangoの話をしていただけるということです!最近はんなりPythonにも、Pythonでウェブを!!という方が増えているように感じますので、これも時流に乗った話のように思います。楽しみ!

今回は、前回時間が押しすぎて交流時間が取れなかった反省を踏まえ、トークは2つ、LTは5分5本でということに相成りました。トークしてほしい人リストはかなり長くなってしまっていますので、またすぐ開催できればと思います。でもスポンサーとかついてくれないとお金が・・・という感じだったりするので、関西でスポンサーしてくださる企業様大募集中です。

先月、今月とめっちゃ忙しく、来月も忙しいことが決定していますが、インプットをちょっと増やしたいという感じなので、とりあえず違う言語(プログラミング、自然言語とも)をやりながら、本を読んだりという時間も作りたいと思います。

中国に行ける仕事のあっせんとかも募集中です。