Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

今年最後の本として「三体」を購入して読み始める

さて、2019年も残すところあと4日となりました。今年やり残したことはたくさんありますが、その中でも達成できそうなことを考えました。

そうして思いついたのが「三体」でした。

三体

三体

いくつかの忘年会で今年良かった本はと聞いて「三体」という回答を得ました。うーむ。リビルドではくろうさんがおっしゃって以来、いつかは読もうかと思っていましたが読めていなかったこの作品。最近はキンドルセールでそろそろ半額来るのではないかと思い、ちょっと手が引っ込んでしまっていましたが、もうみんなの話を聞いて買うかという気になり始めていました。

そうして、昨日話をした友人もあれは今年イチという意見を聞いたので、その場で半額でもないキンドルをゲッツしました。

そうして、その別れた帰りから読み始めたのですが、ヤバイ。最初から超面白いです。

現在3割強を読んだところですが、先が気になって仕方がないとしか言えません。というわけで、まだ読んでいない方は年末年始にこれを読んで、残りの2冊の翻訳を待ちましょう。そうです。「三体」は三部作の第1作目なのです。中国語では10年前に出たものらしいのですが。

amazonを検索していると英語は3作とも翻訳されているようですね。中国語でチャレンジしてみたいところですが、全然語学力がないのでなぁ。英語ならとりあえず行けるかもなぁ的な感じですが、どうするか。

こういうのを語学力向上につなげるべきかもしれませんが。というわけで、年末までには読み終わると思います。またその感想でお会いしましょう。

三体(1-3)(套装共3册) 中国語版書籍

三体(1-3)(套装共3册) 中国語版書籍

  • 作者:
  • 発売日: 2008
  • メディア: ペーパーバック