Pythonと本と子供と雑談と

いつからはじめても遅くない

「位置データもPythonで!!!」というタイトルで「PyConJP 2021」で発表しました!

f:id:mazarimono:20211017101839g:plain
thank you pyconjp

2021年10月15,16日にPyConJP 2021が開催されました。今年は金曜日がオンライン・オフラインのハイブリッド開催、土曜日がオンライン開催となっていました。イヤー素晴らしい会でした。運営の方々ありがとうございました!

そんな素晴らしい会に今年は2019年ぶりにスピーカーとして参加させていただきました!タイトルは「位置データもPythonで!!!」ということで、GISに関してもPythonからも簡単に触れるよ!ということを、基礎的な部分と実践的な部分を話させていただきました。

動機

ここ最近、仕事で位置データに触れる機会が増えました。一方で、ウェブなどを探しても、位置データの分析、触り方などに関しての情報はそれほど存在しない感じがありました(私調べなので、もしかしたらどこかに宝の山があるかもしれません(教えていただけると嬉しい)。自分もまだ公開できていませんが、今後頑張っていきます。)。

そこで、私が学んだ部分を公開することにより、より多くの方がノウハウを語ってくれるかもしれないなぁということが動機にありました。

概要

Pythonで位置データを扱う基礎的な部分は、コロナ禍の私の行動範囲が狭かった(ほぼ京都市内)というのを事例に、どんな感じで扱えるかという風にしてみました。

少し冗長な感じだけど、旅行という手段が制限された現在に、昔の映画的に仮想旅行みたいな視点を入れると面白いかなぁということで、作ってみました。

そのせいで発表時間の3分の2を割くという感じになって、活用案の解説があまり詳しくできなくなりましたが、その辺りはまた別の機会に(他のイベントにcfpを出している)出来たらよいなぁ・・・という感じです。

活用案は、インタラクティブにグーグルフォームでアンケートを取って話すという形を採用したのですが、なんと!話している途中にフォームの集計が見れるか分からなくなるというアクシデントが発生。こういう場合はあまり探し過ぎると、話がボロボロになるという知見を得ていたので(経験大事)、アンケートはなかったことにして適当に2つ選んで話すという感じにしました。

結局話したのは、「国勢調査」の活用と「衛星データ」の活用でした。トーク前に投票結果を見ており、その辺りが人気あるなぁという印象だったのですが、実際の結果は下のように全く外す結果となりました。

https://i.gyazo.com/3cbc01246289e3e2041d30c7f0f6b66d.png

国勢調査は人気あるわなぁとか思ったけど、みんな使い過ぎて人気ないのかあまり知られていないのかどちらでしょうねぇ・・・。

トークの資料、ノートブックはgithubにすべて置いてあります。

github.com

スライドは次のような感じです。英語も作ってたのに、githubがprivateになっていたようで、ご迷惑をおかけしました。

www.slideshare.net

まとめ

Discordに「感謝で始まるトーク」というコメントをいただいていましたが、コロナ禍で感謝を口にする重要性をひしひしと感じたので、最初のパートはその辺りを組み込みたいという意図がありました。お気づきいただきありがとうございます!!+社会課題に取り組むというところも出したかったのですが、その辺りうまく組み込めず無理やり感があったかもしれないなと思っております。

イベント2日目は子供の運動会があって(名称は異なりますが)、LTの最後から参加ということになりましたが、交流パーティーには参加出来たので良かったです(良い話がたくさん聞けました)。1日目も仕事をしながら参加とか、オンラインならでは京都からちょいちょい参加という方法もできるということが分かって楽しかったです。

あとは聞きたいトークがたくさんあるので、動画公開を楽しみにしております。2022年も参加を楽しみにしています!

トークで話しきれなかった部分は、会社のブログで解説記事を書こうと思っております。 あと、国勢調査を触ってみるイベントを会社でやります。無料なのでぜひご参加ください!

techplay.jp